日記第三版


Oct 16, 2013 (Wed)

# 今さらながらMicrosoftは障碍の表記を使うことを知る

Excel2010

ある日、Excel(2010)で作業しているときに「障碍」の漢字が目に入りました。「視覚に障碍(しょうがい)のある方が読み取りにくい」という文。そういえば、Mirosoftは「障害」の表記に「障碍」の字を使っているニュースを読んだようなと思ってググってみると、Windows 7から障害の表記を障碍にしているようです。同時期に発売されたOffice 2010でも「障碍」が使われてるようです。障害よりも障碍を好む僕には嬉しい。

Windows 7でWindows サーチから「障碍」で検索してみるといくつかヒット。コントロールパネルのとある説明文に視覚障碍や学習障碍で使われていることがわかります。

disorder_2_windows

ソフトウェアの中だけでなく障碍のある方の就労/雇用について にあるように障碍者雇用のサイトでも「障碍」で統一されていました。ちなみにMicrosoftのサイトではコンピューターのトラブルの方は「障害」で表記されています。

参考までに、障碍の表記は芦屋家族会の豊田徳治郎さんの日記が詳しいです。プロフィールを見ると情報系の会社に勤めていた経歴があるようで、マイクロソフトのことも書かれてました。

大手なIT企業が「障碍」を使うインパクトは大きいですよ。Microsoftの障碍者関連の話題を取り上げたIT関連ニュース(インプレスのPCウォッチ)のなかで、障害ではなく障碍の表記が使われています。こういう普及の方法もあるんだなと。

しかし、ホント今さらながらMicrosoftの障碍の表記を知ったわけで、恥ずかしくもあり、でも、まだ知らない人向けに書いてみました。

Tags: 障碍